代官山の広告代理店勤務だってよ

キラキラの時代は終わった。リアルが一番最高だ。代官山で戦うラブリーチャーミーな27歳。

ギャルを尊敬しています

「羨ましいとおもうなら、自分もやればいい」

 

 

前職で出会ったギャルの口癖でした。彼女はいつだって、目の前の欲望に忠実でした。時には軽蔑せざるを得ない発言をしたり、酔って血を吐いたり(しかもワインかと思ったなどとほざき)、公園にいるおじさん(いわゆるホームレス)たちにお金を配り歩いたり、不貞行為を繰り返したり、もうとにかくめちゃくちゃでした。ギャルなので、店員さんにも当然、タメ口です。

 

 

こんな人間に出会ったのは初めてでした。

仕事が終わる少しまえになると、「クラブいこうよ!お願いだから!ね!お願い!」と誘いにきたり(わたしはクラブが大の苦手なので断っていても御構いなしです)

仕事中でも「お金使いたーい!なんか買うから適当に用意しといて!似合いそうなやつ!」と暴れたり

「人のものしか興奮できない!リスクのない恋愛なんてなにが楽しいの?」と一切の倫理観道徳観が欠如した発言をしたり

「セックスアンドザシティ見すぎてどっちが現実かわかんない!」などという意味不明な供述をしたり

かと思えば、失恋をしたときは家に駆けつけてくれ、真っ直ぐな意見をくれたり。

とにかく、こんな人間に出会ったのは初めてでした。

 

 

 

ただ、わたしは彼女をずっと、尊敬していましたし、今も変わらず、尊敬しています。

すごいのです。欲望に、忠実で。自分がなにがしたいか、どうしたいか、それが見えている。誰のために、なんのためにがんばるのかが、見えている。

 

欲って、なくなるんです。我慢とか、たくさんすると。あれほしいなぁもこれしたいなぁも、でもお金が、でも時間が、っておもうと、いつの間にか、ほしいものも、やりたいこともなくなっていく。

 

わたしは幾度となく、欲を失いました。やりたいこともない、ほしいものもない。別に病んでなんかないし、毎日楽しいけど、特にこれといってしたいこともないし、働いては寝る毎日。食べたいものもないから、とりあえずカロリーの高いもの食べておこう。行きたい場所もないから、今日は家にいよう。

それでも、毎日は過ぎていきます。休みの日は惰性で続けてるだけのネイルとマツエクに行き、歯医者にいったり皮膚科にいったり、読みかけの本を開いてみたり、snsを眺めたり、それだけで毎日は過ぎていきました。

 

 

 

ギャル「お金使いたーい!」

わたし「いいねーお金あり余ってて」

ギャル「みんなそうやっていうけどさ、わたしはみんなの倍は働いてるんだよね。昼も夜も。だから倍お金があるだけ。羨ましいならみんなもやればいいのにね、よくわかんない!」

 

 

いつもの会話でした。いつもの言葉でした。でもそのときのわたしには、いつも以上に彼女の言葉が、刺さりました。

 

 

転職しようと決意しました。

羨ましいならやればいい。やりたいことがあるなら、やればいい。行きたい場所があるなら、行けばいい。ほしいものがあるなら、手を伸ばせばいい。

 

彼女の生き方はとても真似できるものではありませんが、背中を押されました。勝手に。彼女はきっと、なんとも思ってないだろうし、きっとこれを読んでも、「根暗かよウケる」と笑うだけだろうけど。

 

 

やりたいことはたくさんあった。行きたい場所もほしいものも、手を伸ばせば、思うよりあっさりと手に入ったりする。

 

転職して10日目ですが、毎日が楽しくて仕方ない。出来ないことだらけで情けない気持ちになるけど、これからも、手を伸ばしてみようと思う。

 

羨ましいなら、自分もやればいい。それだけのこと。

 

本日のポエムおわり。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

【ライフハック】代官山編

2019年3月1日。

記念すべき、初出勤である。柄にもなく緊張している。この気持ちを忘れないように、ここに書き記す。緊張してます。ふふ!

 

9時半に出勤といわれているが、8時半には場所の確認まで済ませた。社会人だからね。電車の遅延とか、場所の勘違いとか、捨てネコに出会ってしまうとか、おばあちゃんが倒れているとか、何があるかわからないからね。

 

 

幸い何のイベントも発生しなく、10分でついてしまった。満員電車の洗礼を受けたが、想定していたよりははるかに楽だった。東山線の朝くらいかな。まあ乗ったことないけど。

ただ、電車の乗車時間を短くするために近くに住んだのは英断だった。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190301090830j:image

時間を潰すために、カフェにはいった。(※無音カメラで撮影しています)

 

犬を連れた小綺麗な50代くらいの女性たちが入ってきた。うわぁ、絵に描いたような代官山だな!ありがとうな!とおもいながら、オレンジジュースを吸っていたけど、どうやら席がないらしく、席を譲った。

 

オババ1「あらごめんね〜いいのよ!そこにいて!」

オババ2「あらあら、なんか追い出しちゃったみたいでごめんなさいね、大丈夫?ありがとね〜」

犬「ワン!」

 

わい「(お気になさらずごゆっくりしていってください!)あっ、はい」

 

なんかいい感じの一言を、と心の中で思っていたけど、あっ、はい、としか言えなかった。イケてる譲り方は、いつになっても身に付かないな。

いつも通り冴えない譲り方をしてしまった。

 

 

お店を出て向かいのファミマにはいると、ファミマカフェがあった。

 

は?めっちゃ悔しい。無駄なカフェ代を使ってしまった。しかも、リラックスするどころか、小綺麗なオババと、わたしよりいいものを食べているであろうお犬様に、冴えない席の譲り方をして。悔しい。せめてイカした譲り方さえ、できていれば…!

 

 

まあいい。経験値にした。そして、颯爽と席を譲ることができず、アッ、はい。といってしまうあなたにライフハックをひとつ。

 

 

代官山で時間を潰すなら、駅前のファミマがおススメです。代官山はたしかに、そうたしかにいけてる街です。

でも、これだけは忘れないで。

あなたとコンビに、ファミリーマート

 

 

 

 

 

 

ズッ友ポエム

東京の街に出てきました

相変わらずわけのわからないことを言ってます

恥ずかしいこと ないように見えますか

駅でたまに昔の君が懐かしくなります

 

 

 

聞きますよね、くるり。東京。

 

東京の街に、ついに、出てきてしまった。そんでやっぱり相変わらず、訳の分からないことばかり言っている。恥ずかしいことばかりだし、いろんな思い出が蘇っては、いちいち、なんでもない瞬間に、グッときている。

 

 

 

大学卒業ぶりに連絡をくれた友人は、とても元気そうだった。東京のスタイリッシュな風景にマッチするブルーのヘッドフォンに、あの頃と変わらない美しく長い髪をかきわけて。

 

久しぶりだね、なんて挨拶もそこそこに、遅れて現れたのは、親友であり悪友でもある第二の刺客。彼女は久しぶりではなかったが、やっぱり東京の街でこうして会えることはうれしかった。相変わらず隠しきれない闇をマゼンタピンクのスカートで誤魔化している。

 

 

引越しは友人が受け取りをしてくれた。着々と荷物が運び込まれる中、わたしはといえば沖縄にいた。

仕事を辞めた後は、どうしても沖縄に行きたかった。でも思っていたより休みが短く、送別会でありがたくも忙しくさせてもらい、事務的な手続きに追われ、これではぜんぜん、引越しの予定が組めない!

 

そうした相談を持ちかけたところ、鍵の受け取りも、引っ越しの受け取りも、快く引き受けてくれた。今まで売ってきた恩が返ってきた瞬間だった。

 

引っ越しをするのは初めてではない。

大学を卒業してすぐのおしゃれなデザイナーズマンション。その次は、仕事が本格的に始まってからの広いだけのお庭付きのマンション。

どちらも、当時の彼が面倒は済ませてくれていたので、自分一人で、引っ越しをしたのは初めてだった。

 

想像をはるかに超えた。

 

なんだこれ。なんだこの面倒くささは。知らない。こんなのは知らずに27年間、生きてこられたのに!

 

電気もガスも、さらには水道まで電話をしないと通らない。電球は買うもの。テレビの配線。ゴミの曜日。ガスの種類。ニトリの組み立て。

 

 

何も知らなかった。誰かがやってくれていたことを、ずっと。電気もガスも水道も、当たり前じゃないのか。知らないよそんなの。義務教育かテレビかなにかでやってくれないと。先生、何もかも、誰かがやってくれてるんだと教えてくれないと。

 

 

そんなことを思いながら、ヘッドフォンの彼女と、悪友の2人に手伝ってもらいながらなんとか寝る場所を確保した。引っ越し業者から、ベッドを名古屋に置き忘れたと連絡が入る。どうかしてる。よくあんなデカイもの忘れてきたな。あっぱれだよ。

 

 

途中、お湯が出ないことに気づく。そうだよな、ガス、まだ通ってないんだもん。凡ミスだ、と言いたいところだが、ガスの手続きがあることなんて知らなった。最悪だ。

 

 

お風呂に入れないから、友人ふたりを見送ったあとは、電車を2回乗り換えて、大学時代の後輩宅へ。お風呂だけはいって、寝て、仕事へいく後輩を薄目で見送った。

 

 

 

早起きをした。

荷ほどきを手伝うよ、と連絡をくれた友人がいたからだ。海外旅行帰りにも関わらず、人の荷ほどきに付き合ってくれる彼女は聖マリア。

 

聖マリアは朝から旦那の帰りまで、ダンボールだらけの部屋を片付け、家具の組み立てをし、わたしのくだらない話をニコニコ聞きながら、自分の部屋でもないのに、この方が使いやすいよ!とアドバイスまでくれる。どんな育ちかたをしてきたら、こんな女性になれるんだろうか。

 

 

聖マリアが帰った後、近くのスーパーをふらふらしているところに、高校時代、青春をともに過ごし、いや、ともに銀杏BOYZに憧れ、青春を捻くれた角度から過ごした友人から連絡がきた。

 

「東京、いつからくるの?」

「昨日からきてるよ、会おうよ」

「仕事おわったから、今からで。」

 

わたしが、やってみたいことがあるんだ、と話した時、強く背中を押してくれた人だった。お前なら大丈夫、何かあったら、助けるから。

 

「洗濯機の設置をしてほしい」

 

何かあったら助けるよ。といってくれた人に、洗濯機を設置させてしまった。だってできないんだもん!

 

 

 

飲みに行こうと誘ってくれる先輩。相談があるんです、と頼りにしてくれる後輩。東京はどうだいと連絡をくれる友人。同棲し始めて楽しいんだと惚気てくる友人。

 

 

みんなズッ友。みんなに支えられて、わたしはこれからも、生きていきます。きっと楽しくなる。そう思えた、上京2日目の夜でした。みんな、ズッ友〜!(ポエム終わり)

 

イヤホンを忘れた話

引っ越しの荷物の中に、イヤホンを入れてしまった。上京するというのに、音楽なしでは上京なんてできない。センチメンタルが足りない。エモさが足りない。
27歳の女が上京する、というシーンにBGMがないなんて、絶対に許されない。だってシーズン2の始まりなのだから。

でもお金はあんまり使いたくない。上京のためのBGMにかける対価はどの程度のものか、家に帰った新調したばかりのイヤホンが待っていることを思うと、せいぜい2.3千円だろう。

iPhone Xなので有線イヤホンであれば変換アダプタがいるし、機内で使うためだけに変換アダプタを買うのもなぁ。安上がりだけど。と思いながら買いに行ったら、2千円のBluetoothイヤホンを見つけた。とりあえずそれにした。

音の違いとかよくわかんないけど、なんかかっこよくないしデザインだし、充電はiPhoneのやつでできないし、音漏れするし、頭に磁石が入ってないから首からなくなりそうだし、やっぱ気に入らないけど、まあいいや。

これでわたしの上京BGMは守られた!銀杏ボーイズを聞いて、でもやっぱり今流行りのシティポップなんて聞いちゃって、最高の暮らしが始まるんだ!

ほんとの理想は、実家からJR中央線、そして名古屋から夜行バスがいちばんエモくていい。最高のシチュエーションだ。
でもわたしはいい大人になってしまったから、夜行バスじゃなくて新幹線でもいいかもしれない。新幹線で、偶然隣になった女の子が同い年で、同じ名前でもいい。最高のシチュエーションだ。

そんなことを妄想していたけれど、現実はなんと沖縄から飛行機で上京。全然エモくない。浮かれすぎだ。だって、まだ気分は銀杏ボーイズでも流行りのシティポップでもなくて、モンパチだから。かりゆしだし、ORANGE RANGEですらある。浮かれすぎじゃないか!

しかも、途中でイヤホンの電池が切れた。この日の、この時間のためだけに、買ったイヤホンなのに。悔しい。

理想と現実はいつだって違うのだ。


なので、こうしてブログを書いています。機内で暇すぎる故、ブログを書いています。書きたいことはたくさんあります。社会性を守るために書いては下書きに保存してある記事がたくさんあります。

時代はもはや、匿名は匿名ではなく、オンラインもオフライン(リアル)も境界線はなくなった。ファンタジーが足りない。
そうだ。ファンタジーが足りない。音楽や映画や本や恋愛や旅行、もっともっといくつものファンタジーに囲まれて、生きていきたい。おもしろおかしく生きていたい。沖縄はファンタジーそのものだった。


理想と現実はいつだって違うけど、現実だって最高だ。沖縄から東京に向かう機内が、楽しくないわけがない。わたしにはkindleがあるし、このクソみたいなひとり言を垂れ流すブログもある。向かうところ敵なしだ。特技は暇つぶし。誰よりもひまな時間を楽しく過ごせる自信がある!

 

 

イヤホンが手元にない、ただそれだけのブログです。めでたし。

【イベント】天下の奇祭!稲沢市のはだか祭りにいってきた

時は、2019年2月17日。

場所は、愛知県稲沢市内。

 

天下の奇祭と呼ばれる、はだか祭りに行ってきました。平成最後の大祓い、行くしかない!

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190220204201j:imagef:id:oyafukouofficial:20190220204156j:image

天下の奇祭て。

 

はだか祭りの存在自体は、高校生の頃から知っていました。思春期なので、はだかの男性が揉み合う祭りウケる!!マジ卍!!くらいだったかと思います。

 

そして大学でできた親友は稲沢の出身であり、奇遇にも当時の彼もはだか祭りに出なきゃ、、、と話していたので、非常に関心があるお祭りでした。

 

今回たまたま休みだったので、星野源のライブか?はだか祭りか?という苦渋の選択を強いられましたが、その足は稲沢に向かっていました。

 

 


f:id:oyafukouofficial:20190220204205j:image

稲沢市の、国府宮駅に降り立ちました。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190220210628j:image

レッドブルを配ってるお姉さんもいました!頼んでもいないのにカロリーオフのレッドブルを渡されたんだけど、煽ってるのかな?

 


f:id:oyafukouofficial:20190219100757j:image

屋台が独自路線。

 


f:id:oyafukouofficial:20190219100737j:image

普通の屋台ももちろんある!屋台大好き芸人としてはもう祭りの前から、ワクワクが止まりません。

 


f:id:oyafukouofficial:20190219100812j:image

最高な景色!

 


f:id:oyafukouofficial:20190219100749j:image

至る所にあらわれる、地域色強めな屋台に興味はありながらも、結局イカ焼きとか食べちゃうよね。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190220210959j:image

尾張大国霊神社。にぎわってます。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190220211152j:image

救急車待機してるやん…

 


f:id:oyafukouofficial:20190219100745j:image

そしてめっちゃ警察いる。どんな祭りなの…????

 

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190221102426j:image

公式サイトにはこんな記載があります。まじで戦場だな。

 

 


f:id:oyafukouofficial:20190221102516j:image

乗車賃は必要です。じゃないよ!なんなんだこの注意書き!

 

法を守れって注意書きがある祭り、やばい。

 

 

 

そして、午後1時。

 

 

 

警察「間もなく!!!はだか男の集団が!!!!楼門前を通過します!!!!押さないでください!!!ご理解と!!!!ご協力を!!!!!!」

 

はだか男「わっしょい!!!!!!わっしょい!!!!!!!!」

 

わたし「」 

 

f:id:oyafukouofficial:20190220211750j:image

わっしょい!!!!!わっしょい!!!!!ドンドン!!!!!!ピッピ!!!!

 


f:id:oyafukouofficial:20190220211755j:image

警察「参拝者の皆様!!!押さないでください!!!小さなお子様や体の不自由な方もいらっしゃいます!!!!」

 


f:id:oyafukouofficial:20190220211746j:image

わっしょい!!!!わっしょい!!!!!

 


f:id:oyafukouofficial:20190219100822j:image

 

 

いやいややばすぎだろこの祭り…。裸体に名前と電話番号をかいて、はしゃぎ回るはだか男。はだか男になんとかして触れようとする参拝者。年配の方のパワープレイ。叫ぶ警察…。

 

やばすぎる。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190220212555j:image

なんかふんどしを破って配布してる。ハリウッドセレブの来日みたいなことになってる。はだか男に触れたり、ふんどしをもらったりすると厄落としになるとのことです。あんまり触りたくないなあ。

 

 

想像を絶する勢いのある祭りを感じ、、うわぁ…と思ったので、いったん腹ごしらえに入りました。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190220212740j:image
f:id:oyafukouofficial:20190220212736j:image

初めて見たお好み焼きのスタイルで、写真をとろうとしたら小粋なお兄さんがピースしてました。かわいい。


 


f:id:oyafukouofficial:20190219100741j:image

ずらっと通り沿いに屋台が並ぶ中、はだか男、そして参拝者を見下ろす席を発見!これはゆっくりここで見たいぞ。

 

 

 

 f:id:oyafukouofficial:20190220213349j:image

席代が6000円っていう。おかしいだろ。

 

 

 

そして午後3時。

 

 

警察と、はだか男たちの雄叫びと、白熱した参拝者。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190220213720j:image

踊る大捜査線を彷彿とさせます。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190221101421j:image

はだか男より、参拝者がほんとにすごい。

 


f:id:oyafukouofficial:20190221101425j:image

子どももいます。

 


f:id:oyafukouofficial:20190220213724j:image 

地区ごとにふんどしの色がちがったり、ノリが違ったりする。

 


 
f:id:oyafukouofficial:20190220213729j:image

なぞの紐をもらうため、はだか男に触れるためにみんなめちゃくちゃ前に出る。いるか?ふんどし。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190219100753j:image

めちゃくちゃ楽しそうだなおじさん。叫んで、はしゃいで、酒をばらまいて(ぶっかけてくるから気をつけて!)、顔真っ赤にしながらわっしょいしていました。

 


f:id:oyafukouofficial:20190219100817j:image

パシャパシャ写真をとっていたら、若いイケメンからふんどしのカケラ?をいただきました!!いらねえ…と思いながら見てたけど、イケメンだったから思わずもらってしまった。

 


f:id:oyafukouofficial:20190219100827j:image

警察も大変そう。

 


f:id:oyafukouofficial:20190219100806j:image

しばらくながめていましたが、終わりが見えないので、満足して帰宅しました。

 

 

はだか祭り、なめていましたが、非常に面白かったです。こんなに全員が白熱してるお祭りもめずらしいよね。伝統ってなんかいいなと思いました。はだか祭りよ、未来永劫守り伝えてくれよな!

【旅行】台湾二泊三日の旅

台湾旅行にいってきました。

1月の下旬でしたが、気温は15度前後と、比較的過ごしやすかったです。

 

 

セントレアから2、3時間で、ひょーいと到着。

 

f:id:oyafukouofficial:20190210110750j:image

台湾の駅おしゃれだった。なに駅かは忘れました。

 

台湾の人、めっちゃ親切。道がわからん!って話しかけると、みなさん丁寧に教えてくれる。英語がなぜかみんな堪能で、その辺に歩いてる人みんな英語ペラペラ。なんでだろと思って軽く調べても、ふつうに教育を受けてるだけみたいで。英会話教室に通っても、受験戦争をくぐり抜けても、大学で4年間帰国子女に揉まれても、一向に話せるようにならないわたし一体?

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190210111238j:image

ホテルまでの道が怖すぎた。伝われ。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190210111049j:image

未開の地でテンションあがってて、最初の方だけ写真めちゃくちゃとってる。台湾の下着屋さん。買1送1は、ひとつ買うと、もう一つつくよ!って意味らしいです。

 

 

全然ホテルにつかない。

道に迷ってセブンイレブンにいったんだけど

わたし「エクスキューズミー!道教えて!」

店員さん「インペリアルホテルだろ?あっちだよ」

なんと何もいってないのに、ホテルを探していて、かつインペリアルホテルに泊まることまで見破られた。インペリアルホテルはどうやら日本人御用達みたい。

 

にしても、英語も通じるし、それでいて、エクスキューズミー道教えて!で、行きたいホテル教えてくれるってもう超絶ハイコンテクスト。すごいよ台湾!

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111644j:image

ホテルの外装はないけど内装はしっかりとっていた。なんか台湾っぽくていいよね!

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111509j:image
f:id:oyafukouofficial:20190210111332j:image

ホテルを出たら、中山?ってエリアなのかな?商店街的なものがありました。アラジンの始まりの町みたいな場所だった。アラジンちゃんとみたことないけど。

 

 f:id:oyafukouofficial:20190210111046j:image

f:id:oyafukouofficial:20190214155753j:image

夜に向けて、台湾で一番有名な、じんたん(読み方わからん)に来ました!

目的はこの、士林市場!!台湾は、夜市なるものがあって、ほとんどの民は夜市で夕飯を済ませるとのこと。名古屋でいう矢場町のラーメン祭りみたいな雰囲気。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111415j:image

メロンが500円くらい。高いのか安いのかわからんけどこの量なら激安!!

 

後から知ったんですが、夜市ではフルーツは食べちゃだめ、お土産は買っちゃだめらしいです。めっちゃ食べたわ。早く言え。

まぁ理由としては、安すぎるから。安いのにはそれなりの理由がある。と、散々遊びきった後に言われました。アーメン。


f:id:oyafukouofficial:20190210111412j:image

ねこ。


f:id:oyafukouofficial:20190210111637j:image

金魚すくいがたくさんあった!

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111452j:image

いい感じなんだよな〜

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111234j:image

夜になると賑わってきます。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111340j:image

毎日お祭りかよ。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111448j:image

また金魚すくいかよと思ったら

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190210111713j:image

エビ釣り…????、?????

 



f:id:oyafukouofficial:20190210111419j:image

地面に映し出される謎のメッセージ。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111433j:image
f:id:oyafukouofficial:20190210111444j:image

台湾のトレンド…?今時の店なのかな…?便所…?便所だね?意味も日本とおそらく同じで、あの、便所だね…?

 

台湾の若者は、ここに連れてこられてどう思うんでしょうか。デートしようよ!って連れてこられた店がこれだったら帰るけどな!勘弁してくれ。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111054j:image

f:id:oyafukouofficial:20190210111336j:image

犬とかねことか、至る所にいます。しかも犬、めっちゃ懐っこい。おいで!っていうと、近寄ってきてぺろぺろしてきます。かわいい〜!まぁ病気とか怖いしすぐ手を洗いました。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111404j:image

まあマッサージ受けるか!と思って大通り沿いの怪しいマッサージも行きました。めっちゃ下手くそだったのでおススメしません。

 

しかも後からきいたけど、夜市のマッサージは受けないのが常識だし、なんならこのお店は最近セクハラ事件が起きた店だよと。早く言え!

男性スタッフを当たり前みたいにつけられたけど、拙い英語で女性に変更してもらっていたので良かった。めっちゃくちゃ下手だったけどな!

 

 

〜2日目〜

 

 

台湾といえば、小籠包。

小籠包といえば、ディンタイフォン

 

本店まではるばる行きましたが、尋常じゃないくらい混んでいました。

 

f:id:oyafukouofficial:20190210111328j:image

青菜炒めと、なんか柔らかい鶏肉。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111640j:image

そして!待ちに待った!小籠包!!

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111501j:image

うますぎる。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111440j:image

じゅわわ〜です。

 

ここは有名店だけあって、サービスも良かったです。混んでるけど、並ばなきゃ行けないわけではなく、整理券が発行されてその時間に案内されます。フラフラ街をみて時間を潰しても良いかと。

 

 

せっなくなのでフラフラしながら、台湾といえばタピオカですよね。


f:id:oyafukouofficial:20190210111230j:image

この、50嵐がスーパーポピュラーとのこと。

砂糖の量、ミルクの量、タピオカの大きさも選択できて、すごく良かった!

 

ちなみに、台湾なんでも甘いです。南国だから、糖分や塩分とらないと倒れちゃうもんね。お茶も甘いし、タピオカもスタンダードはもうめっちゃくっちゃ甘い。もはや飲めない。むせる。

 

50嵐に行った際はぜひ、砂糖の量を減らすといいと思います。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111428j:image

日本の心がそこにはありました。 

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111707j:image

若者がみんな写真とってるな〜とおもった。グッチのアートがありました。これは落書きなの…?正規なの…?

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111259j:image

ちなみにふつうのカフェはふつうにおいしい。

 

 

台湾までいったけど、名古屋とさして変わらない過ごし方をした気がする。一通り食べたら、ベンチ座ってタピオカすすって恋愛について不毛極まりない話したり、カフェで恋愛について不毛極まりない話をしたり。

 

 

 

しかし!この日の本番は夜です。台湾は夜からが楽しいんです。


f:id:oyafukouofficial:20190210111039j:image

ほらね!謎の顔はめだってあるよ!何者にもなれない顔はめがね!

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111031j:image

台湾といえば。ここしかない。映画千と千尋の神隠しの聖地。九份


f:id:oyafukouofficial:20190210111304j:image

人が多くて、賑わってて、独特の匂いがして、わけわかんない感じが最高でした。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111423j:image

湯婆婆のお店?らしい。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111649j:image

人がゴミのようだ。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111255j:image

湯婆婆のお店は、お茶屋さんでした。

台湾でお茶は高級品だそうで、香りを楽しみ、お茶菓子をたのしみ、アリのような群衆を見下ろしながら飲むお茶はなかなか良かった。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111457j:image

フォトジェニック。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111717j:image 

パシャパシャ写真をとっていたら、ご丁寧にもカオナシのぬいぐるみを差し出してくるおじさんに出会いました。なんの仕事?

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111408j:image

もうわかったから、わかったよおじさん、腕が映っちゃってるんだよ。

 

 

九份を堪能した後は、十份へ向かいます。

ランタンとばすぞーーー!!

 

ランタンには色があって、それぞれ願いによって色が変わるとのこと。黄色は金運、赤は健康、ピンクは人運、みたいなね。たしか。

 

もちろん!ピンクを選択!

 

f:id:oyafukouofficial:20190214172017j:image

早寝早起き。転職するからね。ほんとにこれ、不安。がんばるぞ。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190210111036j:image

まあなんか人?運?ということで、新しい出会いうんぬんに効果があるらしい。ハッピーエンド前提で、素敵な出会いがありますように!

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111359j:image

飛び立ったわたしたちの願い。海を越えてどこまでも行け!

 

 

と願ったのですが、ランタンを回収する仕事があるみたいです。村もきれいになるし、雇用が生まれるし、さすがですね、台湾。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111227j:image

ちなみに十份のトイレは、禁止大便なんでお気をつけて。

 

 

〜3日目〜

 

 

見知らぬ土地に行った際に、わたしが必ず行く場所があります。

それは、マクドナルド。

 

マクドナルドの魅力についてはまた後日記録しようとおもっていますが、マクドナルドのすごいところは、世界中のどこでも、都会でも田舎でも、変わらなぬ味を、変わらなぬ人気を誇っている点です。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111505j:image

やっぱおいしいポテト。

 

f:id:oyafukouofficial:20190214174507j:image

台湾のマックの恐るべきところは、健康志向の方のメニューがあるあたりですね。いやマックくるな。

 


f:id:oyafukouofficial:20190210111250j:image

台湾の駅の謎のオブジェとともにお別れ!これ、鳥の首元から水が流れています。うーんアーティスティック!

 

 

台湾二泊三日、楽しかったです!次はどこへ行こうかな〜。

【料理】レトルトカレーを強くする方法

引っ越しの準備をしてたら、こんなものが出てきました。

 

f:id:oyafukouofficial:20190211173514j:image

カレー曜日

 

なんやこれ。買った覚えがない。なぜならわたしはレトルトカレーが嫌いだからだ。なんていうか、星の王子さま(わかるかな)カレーてきな、ポケモンカレー的な、どうせあんな味じゃんっておもっているから買わないのだ。

 

しかしこれはおそらく、いつぞやの母親からの愛情ある送り物であろう。無下にするわけにはいかない。

 

レトルトカレーを手間かけて作ってみるか。

f:id:oyafukouofficial:20190211174519j:image

だってわたしには、これがあるから!!

そう、これで、キーマカレーを作りたかったんだよな、ちょうど。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190211174705j:image

まあそんな気持ちで冷蔵庫をあけたんですけど、食材がひき肉と人参しかない。まぁ良しとします。

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190211174747j:image

ひき肉を炒めて、その中に例のアレでぶちぶちにクラッシュした人参を!!ドン!

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190211175329j:image

それだけじゃないぜ?

カレーといえばスパイスが命。

にんにく、カレー粉、クミン、ガラムマサラ、バターをドン!

 

 

f:id:oyafukouofficial:20190211175434j:image

f:id:oyafukouofficial:20190211175449j:image

冷凍庫から運良く発掘された冷凍庫ホウレンソウもドン!

 

もうカレーはほぼできている!だがしかし!本日の主役はお前だ!!カレー曜日

f:id:oyafukouofficial:20190211175520j:image

ドン!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

〜出来上がり〜

 

f:id:oyafukouofficial:20190211175610j:image

まあなんか卵乗せてみたけど、味はふつう。

 

 

結果としては、暇は潰れたが、大して美味しくはなかった。レトルトカレーのまま食べた方が時短です。めでたし。おいしいカレー屋さんおしえてください。